fc2ブログ

第五十六回少林寺拳法全日本学生大会

失礼します。初めてブログを更新させていただきます一年李です。

十一月六日に日本武道館にて第五十六回少林寺拳法全日本学生大会が開催されました。
早速ですが、本大会における法政大学の結果を書かせていただきます。

入賞
女子茶帯の部 第五位 後藤先輩・池田先輩
三人掛けの部 第六位 島倉先輩・高橋先輩・佐々木先輩
立合評価法男子中量級 第五位 高橋先輩
立合評価法女子軽量級 第六位 島倉先輩

以上が本大会の結果になります。

入賞された先輩、本選に出場された先輩方、本当におめでとうございます。これは日々修練して、努力した結晶であると感じております。
私、先輩方の粘り強さをとても尊敬しています。私の参加した種目は白緑単独演武の部です。予選16人の中に、8位を取りました。残念ながら、本選に入ることができませんでした。他の大学の拳士の演武の様子を見ると、確かに動作の正確性の差を感じられました。そして、これからも引き続き頑張って、演武の動きを一つずつ確認して、過去の自分を超えたいと思います。本大会に参加したことでいろいろな大学の演武を見ることができ、大変勉強になりました。ここで得たことを十二月十七日に開催される、埼玉理工系大会で生かしていきたいと思います。

最後になりますが、お忙しい中会場に足をお運びいただきましたOBの先輩方、大会開催にご尽力いただいたすべての方々に心より感謝申し上げます。

それでは、失礼します。
スポンサーサイト



八王子市民体育大会少林寺拳法演武会

失礼します。
初めてブログを書かせていただきます、一年中村です。

十月十六日に富士森体育館で行われた八王子大会の結果を報告させていただきます。

残念ながら入賞者はいませんでしたが、部員一同気を引き締め、本大会で得たことや課題を活かして、全日本学生大会や埼玉県理工系学生大会に向けて修練に集中していきたいと思います。

最後になりますが、お忙しい中応援に駆けつけてくださったOBの先輩方、審判の先生方をはじめとする大会陣営に御尽力くださった全ての方々に感謝申し上げます。ありがとうございました。

それでは失礼します。

第十八回関東新人大会(立合評価法の部)

失礼します。
初めてブログを更新させていただきます、一年渡邊です。
十月九日に武蔵野の森総合スポーツプラザで行われた第十八回関東新人大会(立合評価法の部)の結果を報告させていただきます。

入賞

男子段外の部 木村先輩 一位
女子段外の部 古口先輩 一位
女子段外の部 後藤先輩 三位

男子総合二位
女子総合優勝

以上となります。

 まずはじめに入賞、本戦に出場された先輩方、おめでとうございます。また総合でも入賞されたのは、先輩方が日頃から修練に励み、努力された結晶であると感じております。

 私個人といたしましては、そんな素晴らしい先輩方と一緒に出場させて頂きましたが、試合を通して他大学の拳士との実力に明らかな差を感じ、悔いの残る結果となりました。そしてこれからの修練により力を入れなくてはならないと思える大会でした。問題点を監督やOBの先輩方のご指導のもと改善に向けて邁進して参ります。

 最後になりますが、お忙しいにも関わらず修練に参加され、ご指導のほどを頂いた監督やOBの先輩方、そして第十八回新人大会の開催ならびに運営にご尽力くださった方々に感謝申し上げます。誠にありがとう御座いました。

それでは、失礼します。

法明立合同練習

失礼します。
ブログを更新させていただきます、一年西尾です。

九月一八日に法政・市ヶ谷キャンパス、立教・新座キャンパスにて法政明治立教三大学による合同練習会が行われました。

市ヶ谷では念入りな準備運動をしたのち、基本と移動。そして最後に即興演武(2~3構成)をおこないました。普段の倍の人数がいる道場では熱気、活気が立ち込めていました。練習前は他大学の生徒と和気藹々と話していた拳士が修練が始まると目つき顔つきが変わり、休憩の移動は常に全速力、堂々とした返事、礼をふるまっていました。明治、立教両大学の修練の厳しさ、集中度を早くも感じさせられるものとなりました。また、移動連や演武の際には積極的に黒帯、茶帯の拳士と組まさせていただくことで自分の癖、欠点、上段者、上級者の優れた点を学ばさせていただきました。

一方。新座では立ち合いを意識した練習をして、演武と運用法がおこなわれました。普段の修練とは異なり、審判がいる状態での運用法を間近で観戦できる機会となり、間合いの取り方や攻撃方法など今後に活かせるものをたくさん勉強させていただきました。

私一年にとっては交流会以来となる他の大学との合同練習。多くのものを学べる機会でしたが、最大の報酬は「交流」ができたことではないかと思います。これから先、大会では上位を争うライバルとして、あるいはともに練習し、切磋琢磨して己を高めあう同志として、拳士の知り合いが増える。これが合同練の目的と感じられます。同じ志をもつもの同士、協力一致して少林寺拳法上達への歩みを一段ずつすすめていけることを願い、これからも修練に励んでまいります。

最後になりますが、悪天候の中忙しい合間を縫って修練に参加していただきご指導してくださったOB、コーチ、監督の皆様、ならびに数年ぶりの開催、運営にご尽力くださった全ての方々に心からの感謝を申し上げます。誠にありがとうございました。

それでは、失礼します。

第十八回関東新人大会

失礼します。
初めてブログを更新させていただきます、一年山尾です。
九月十一日に慶應大学日吉キャンパスで行われた第十八回関東新人大会の結果を報告させていただきます。

入賞
一、二年男子茶帯 髙橋先輩•岡本先輩 六位
一、二年女子茶帯 後藤先輩•池田先輩 四位
一、二年男女茶帯 木村先輩•古口先輩 四位
三位単独有段 高橋先輩 三位

以上となります。

入賞された先輩方についてはおめでとうございます。多くの先輩方が本選に出場されましたことは法政大学少林寺拳法部の一員として誠に誇らしい限りです。残念ながら一年生は結果を残すことができなかったので、今大会で各員が見つけることのできた問題点を監督やOBの先輩方のご指導のもと改善に向けて邁進して参ります。
また、私個人としては先輩方のご指導のもと身に付けてきた技が決して無駄ではなく、他大学の拳士の方々にも追い付ける余地があることを感じ、これからの修練において励みになる大会でした。

最後になりますが、お忙しいにも関わらず修練に参加し、ご指導のほどを頂いたOBの先輩方、そして未だコロナウイルスの脅威が残るなか第十八回新人大会の開催ならびに運営にご尽力くださった全ての方々に感謝申し上げます。誠にありがとう御座いました。

それでは、失礼します。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク