FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歓送会

失礼します。市ヶ谷キャンパスのお荷物代表の一年中井が2月17日に行われた小川先輩を送る会と歓送会についてブログを書かせていただきます。

本年は歓送会の前に昨年の秋にお亡くなりになられた小川先輩を送る会も行われました。その会には小川先輩の奥様、金先生、丹羽監督、鈴木会長や、小川先輩の同輩などのたくさんのOBの方々がお見えになりました。私達は小川先輩と直接話したり、かかわることはあまりなかったのですが、常々先輩方から今の法政大学体育会少林寺拳法部があるのは、小川先輩のおかげだということを聞いていました。また、送る会で飾られていた小川先輩の写真の中の笑顔や、OBの方々からのメッセージを聞くといかに小川先輩が素晴らしい方であるかを深く知ることが出来ました。小川先輩のご冥福を心よりお祈り申し上げます。



さて次に行われたのは歓送会です。歓送会とは四年生の先輩を送り出す行事です。

実は1年生の私達は、4年生の先輩とは半年程しか一緒に部活をしておりません。しかしこの4年生と共に部活をしていた半年はとても濃密で5年くらいのように感じ、とても楽しく充実した部活を過ごすことができました。
4年生は9名とも個性が強くて、ときに厳しく、ときに優しく、ときに厳しく私たち1年にも目をかけてくださいました。
みなさんそれぞれ全くタイプが違い、誰ひとり欠けてはならないような先輩だと思います。

キャンパス、年齢の垣根を超えてキャンパスの垣根を越えてこの個性的な9名の先輩達と一緒に部活できたことが私はとても嬉しいです。

歓送会では丹羽監督から4年の皆さんに感謝状が贈られ、おいしいごはんとともに四年の皆さんと楽しくお話しもさせていただきました。久々にお話しをさせていただいて、やはり4年の皆さんがいなくなるのはとても寂しいと感じました。部活を引退した後の余暇の過ごし方や今までの苦労など新鮮な内容も多く、楽しく過ごすことができ、歓送会が終わるのはあっという間でした。

ここで余談ですが、会が終わったあとにお渡しした色紙を作るのはとても楽しく、寝る間も惜しまず夢中で作ってしまいました。
ひとりひとりの先輩の人柄や出来事、伝説を思い浮かべ作ったことにより9通りの個性に合った色紙になったと自負しております。

こんなに一生懸命にプレゼント作りたくなるような先輩が4年生にいて下さったことに本当に心の底から凄まじく感謝しております。
ありがとうございました。

先輩方から頂いた物や志を胸に刻み、これからの修練に生かしていきたいと思います。

今回来て下さったOBの先輩方、お忙しい中足を運んで下さりありがとうございました。
今後ともご指導ご鞭撻の程宜しくお願い致します。

失礼します。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。